FC2ブログ

しゃぼん玉、ふわり、ふわん

しゃぼん玉が飛んでいくように、毎日がふわり、ふわんと穏やかに過ぎていくといいなあ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




物にも気持ちがある。。。
そんなことを考えたことはないだろうか。
私は子どもの頃からそうだった。

だから物が捨てられない。
もちろん、それにまつわる思い出とか
自分の思い入れがあるからというのも
理由の一つだけど
捨てたらかわいそう・・って思ってしまう。

まあ、だから何も捨てられないって訳じゃないけど
なんでもかんでもポンポンとは捨てられない。

子どもにもそういう気持ちはもってもらいたい。
物を大切にするということになるんじゃないかな?と。

先日、5歳の長男Kが保育園で友達と
どっちが早く色鉛筆が短くなるかっていう競争をしていた。
それを知らない私は色鉛筆が1本だけ短くなっている理由を聞いた。
Kは「茶色が好きだから、たくさん使ってん・・」と言った。
それを疑いもしなかった。
子どもなのに茶色が好きなんて変だな・・とは思ったけど。

ママ友からこういうことがあるらしいよ・・という話を聞いて
長男Kに確かめた。
「そんなことはやってない。やってるのはHとRだよ」
明らかに嘘をついている顔だった。
しばらくしてからもう一度聞いてみた。
「色鉛筆削る競争やってたんじゃないの?本当のこと言って。
今なら怒らないけど、後でわかったらめちゃめちゃ怒られるよ」

・・・・・・・・

「やった・・・」
もうまゆげはハの字になっている。。
「おもしろかったの?」
「(首を横に振る)・・・」
「でも、おもしろいからやってたんでしょ」
「・・・・」

「色鉛筆は何するもの?」
「絵、描くもの・・・」
「だよね。色鉛筆はみんなに使ってもらって、きれいな絵になるんだよね。
でも、ただ削られて、ごみ箱に捨てられていった色鉛筆はどんな気持ち?」
「悲しい気持ち・・・」
「だよね。Kの色鉛筆は、Kがどんな絵にしてくれるか
楽しみに待っているんだよ。」
「・・・(うなずく)」
「これからもう、こういうことしないでね」
「はい。。」

どうだろうか?
色鉛筆にも気持ちがあるって
思ってくれただろうか?
これからは大事に使おうって
思ってくれただろうか?

・・・・・


今日、スイミングの帰りにゴーグルなくしてた。
やっぱり無理かな?



ふわり

Author:ふわり
FC2ブログへようこそ!

未分類 (20)

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。